「お肌のキメ」っていうけど、キメってなんでしょうか?

よくコスメカウンターで肌測定をすると肌の拡大画像を表示して、理想の肌との比較をしてくれることがあります。その際に「お肌のキメ」が流れてますね~などの説明を受けたことはありませんか?ところで、私たちが日常何気なく使っている「お肌のキメ」の「キメ」ってなんでしょうか?

「キメ」とはお肌の表面が規則正しく整っていること

皮膚の表面には無数の溝(皮溝)と盛り上がり(皮丘)があり、規則正しくならんでいます。
皮溝の幅が細く、皮丘が規則正しく並んでいる状態を「キメが整っている」と言え、
逆に溝が大きく谷のように深くなっている状態を「キメが流れている」
また、盛り上がりが均一でなかったりするのを「キメが乱れている」
固まっているのを「キメがない」といいます。

「キメ」が整うとなにがいいの?

女性の肌の理想としてよく言われるのが「やわらかくて弾力があり、透明感のある白肌」
キメが整っていると光を均等に反射するためお肌が綺麗に見えると言われています。
つまり、キメ=透明感といってもいいかもしれません。
さらにはメークに対しても均等にファンデーションなどがつきますので綺麗に仕上がると言えるでしょう。
色の白いは七難隠すと言われますが、キメは美肌に重要なポイントと言えます。

「キメ」を整えるにはどうしたらいいの?

「キメ」の乱れの原因は様々。
皮脂過多、乾燥、紫外線、誤ったクレンジング・洗顔などなど・・・・
また、頬、フェイスライン、乱れる場所によっても対策は異なります。

スキンケアの基本は、正しい洗顔、ターンオーバーを整えること。
そして保湿。

肌測定器でお肌をチェックすることで、どんなキメの乱れ方をしているかを確認して、その対策をして見ましょう。
正しいスキンケアを、毎日欠かさずに飽きずにつづけること、これしかありません。

化粧品専門店は、まさにお肌の相談室。化粧品専門店に行って、一緒にキメを整えませんか??

コスメ買うなら丸の内のコスメティクスアンドメディカルへ

コスメティクスアンドメディカルでは通常のドラッグストアでは販売していない化粧品も豊富に取り扱っております。また、化粧品担当者がおりますので、メーカーの垣根を超えてアドバイスいたします。更にお店のポイントが貯まるなど、お買い得な特典やイベントも豊富にご用意しております。ぜひお立ち寄りください。