トップページ > コスメニュース > 嘘?本当? > 肌を甘やかすと肌が駄目になる?都市伝説を調べてみた。

肌を甘やかすと肌が駄目になる?都市伝説を調べてみた。

desert

高級コスメを使うと後で使うコスメがなくなるとか、「肌を過保護にしてしまうと肌によくない」ということをいう人がいます。まさに誰でも一度は聞いたことのある都市伝説。化粧品専門店のスタッフなら、かならずお客様から言われたことのあるフレーズだと思います。でもそれって本当のことなのでしょうか?肌を甘やかすと肌にはよくないのでしょうか?

point

いわゆる「肌の甘やかし」は存在しない

まずは安心していただきたいのは、いわゆる「肌の甘やかし」は存在しないということ。
化粧品を使うことで、皮脂の分泌など肌の機能が低下ことは通常、ありえません。
逆に加齢とともに皮脂の分泌量は減っていきます。皮脂が足りないと水分が皮膚より蒸発し、肌は乾燥傾向に陥ります。
ですから、化粧品で水分と油分を補い、クリームで蓋をするのは科学的に大変理に合った行動といえるでしょう。

happy

万全のお手入れすることは、衰えを未然に防ぐ意味でも効果的

「肌は綺麗になれる」「肌を綺麗に保つ」という事実。
世界中で販売され、数多くの人々から愛される日本の化粧品。
「クレドポーボーテ」のように世界規模で販売されるグローバルブランドも増えてきました。

ここで「クレドポーボーテ研究所」からのコメントを紹介させてもらいます。

個人差はありますが、肌は20歳をピークに徐々に衰え始めます。
スキンケアの目的は、エイジングの原因となる紫外線、乾燥、酸化、ストレスなどのダメージからお肌をきちんと守ることや、その時のあなたの肌コンディションを最適な状態に保つことです。若いうちから高機能のスキンケアを使い、万全のお手入れすることは、衰えを未然に防ぐ意味でも効果的です。
化粧品を使うことであなたの肌の状態が良くなれば、その化粧品が「その時の」あなたの肌の状態に合っているということ。
高級化粧品だからといって、肌を甘やかすということはありません。
20代のお手入れが30代の肌をつくり、30代のお手入れが40代の肌をつくると考えてください。

from クレドポーボーテ研究所

万全のお肌のお手入れをしないことはお肌を劣化させる!!

洗顔だけ、化粧水だけ、などシンプルなお手入れは一見手がかからず、いいように感じますが、
肌理論からいうと油分バランスが整いませんし、皮脂だけではお肌からの水分蒸発が防げません。
化粧水、乳液でしっかり水分、油分のバランスを整え、クリームで蓋をする、
これが王道のスキンケアといえるでしょう。

guts

いかがでしたか?

これで安心して毎日のお手入れができますね。

日々のスキンケアが将来の美肌を作ることは事実。
化粧品を販売しているビューティーアドバイザーの先輩方には年齢を超えたような脅威の美肌の方がたくさんいらっしゃいます。
美容担任(美容部員の先生)クラスの、まじめな方ほど、しっかりケアして脅威の美肌を保っている場合が多いです。

どうしても、自分の肌のことですので、お手入れをサボったり、省略して簡単に済ますことが多いもの。
でも、スキンケアは毎日こつこつが大事なので、都市伝説を言い訳にせずに、
しっかり、使用方法、順番、使用量を確認してお肌に正しく化粧品をつけてあげてください。

化粧品専門店では国産コスメの使い方をご案内しております。お気軽にお近くの化粧品店までお立ち寄りください。

よかったら友達にシェアしてみて。Share on FacebookTweet about this on TwitterShare on Google+Pin on PinterestShare on LinkedIn
The following two tabs change content below.

コスメジャパン

コスメジャパンは「美容情報」と「化粧品情報」、相互に関係する様々な情報を取りまとめて一覧するサイトです。コスメに関する役立つ情報によって、 皆さんの「?」(疑問や不安)を「!」(理解と安心)に変えていくお手伝いをする、そんな存在になりたいと考えています。
最新投稿をぜひチェックしてみて。
最近の投稿
人気の記事もぜひチェックしてみて。
最後までお読み頂き有難うございました

最新記事随時アップ中!

ソーシャルメディアで更新記事を配信中。いいね!フォローよろしくお願いいたします。
※エイジングケアとは、年齢に応じたお手入れのこと。
※美白とは メラニンの生成を抑え、シミ・ソバカスを防ぐこと。
※記載された社名、各製品名は各社及び商標権者の登録商標または商標です。