トップページ > コスメニュース > コスメのトリビア > ちょっと待って!去年の夏の日焼け止め、使っちゃダメかも!

ちょっと待って!去年の夏の日焼け止め、使っちゃダメかも!

c596e7576b0c231e61b5ffe1b1b4c7c9_m

ちょっと待って!去年のボディ用の日焼け止め、余っていても使うのはNG

まずは化粧品は開封後1年以内につかうこと、これが基本です。

化粧品の種類にもよりますが開封後1年以内に使用するのが目安です。開封から1年以上経過しているものは劣化や効果が低下している恐れがありますので、廃棄することをおすすめします。
※敏感肌用等、防腐剤の入っていない商品、汚染されやすいメーク用品などは開封したら正しい使用期間で使用ください。

一回使っただけなんだけど・・・

一度でも開封すると酸化が進み劣化します。また未開封でも温度変化が激しい場所は要注意

たとえ未使用で保管してしっかりフタをしていても、一度開封すると空気が入り込み、酸化が進みます。未開封の化粧品であっても、温度の高い場所や直射日光の当たる場所に放置されているものは、劣化している可能性があります。
e0d4699bc7e30f3318a59b91048dd87d_m

特に成分上、日焼け止めは要注意!刺激的!(悪い意味で)

紫外線吸収効果が落ちている可能性も

日焼け止めには紫外線吸収剤と紫外線反射剤があります。

紫外線吸収剤は白浮しにくいのが特徴。そのため多くの日焼け止めは紫外線吸収剤を配合してあります。紫外線吸収剤には有機物を含む化合物(二酸化チタンや酸化亜鉛が代表的)が多く使われます。

紫外線吸収剤は紫外線を熱に変えて日焼けを防止するのですが、さまざまな分子と結合しやすく、変化を起こしやすいと言われています。開封後、長期間経過した日焼け止めは温度変化、酸化などにより紫外線吸収剤が変化し、日焼け止め効果が落ちたり、酸化した油分と結合して、お肌にダメージを与える可能性が高いと言えるでしょう。

毎年日焼け止めは改良されてスキンケア効果、UV効果がよくなっています。お肌の為にも最新の日焼け止めを利用しましょう。

去年の日焼け止めを使うと・・・・
・肌トラブル(かぶれ・かゆみ)の恐れ
・刺激が増えて、お肌にトラブル(しみ・色素沈着)が起きる恐れ
・雑菌などにより、ニキビなどができる恐れ

よかったら友達にシェアしてみて。Share on FacebookTweet about this on TwitterShare on Google+Pin on PinterestShare on LinkedIn
The following two tabs change content below.

コスメジャパン

コスメジャパンは「美容情報」と「化粧品情報」、相互に関係する様々な情報を取りまとめて一覧するサイトです。コスメに関する役立つ情報によって、 皆さんの「?」(疑問や不安)を「!」(理解と安心)に変えていくお手伝いをする、そんな存在になりたいと考えています。
最新投稿をぜひチェックしてみて。
最近の投稿
人気の記事もぜひチェックしてみて。
最後までお読み頂き有難うございました

最新記事随時アップ中!

ソーシャルメディアで更新記事を配信中。いいね!フォローよろしくお願いいたします。
※エイジングケアとは、年齢に応じたお手入れのこと。
※美白とは メラニンの生成を抑え、シミ・ソバカスを防ぐこと。
※記載された社名、各製品名は各社及び商標権者の登録商標または商標です。