トップページ > コスメニュース > コスメのトリビア > Pequeno amor > その差がメイクの仕上がりの差になっているかも?

その差がメイクの仕上がりの差になっているかも?

こちらの記事は新場+ミニヨン店長西広さんのPequeno amor 〜小さな愛からの転載記事となります。

1

その差がメイクの仕上がりの差になっているかも?

よくご質問受けるのですが、メイクアイテムの寿命がマチマチなのは何故?
ほぼ同じ使用頻度なのに、メイクアイテムが長持ちする人と、すぐメイクアイテムが使えなくなってしまう人がいます。
使い方次第で実はかなり変わるアイテムといえば、

リキッドアイライナーや

マスカラや眉マスカラ。

出が悪くなったこれらのアイテムをギリギリまで使っている人いませんか?

メイクがキレイに仕上がらないので、逆にもったいないと思います。
メイクはしっかりつけてぼかすのが1番キレイに仕上がります。出が悪いアイテムを何度もつけるのはムラになったり、ぼかしづらくなったりとメイクを難しくしてしまう原因にもなりかねないので。
そこで上記のメイクアイテムの寿命をのばして、長くキレイに使うことができる簡単な方法をご紹介します。
リキッドアイライナーは、

2

必ず使ったらティッシュなどで軽く拭き取る癖をつけてみてください。
拭き取るのもったいないとお思いの方もいるかもしれませんが、筆先にファンデやパウダー、アイシャドーなどの粉がついてしまい、出が均一でなくなったり、それが原因で筆が劣化したりしてしまいます。ここは思い切ってティッシュで拭き取る癖つけましょう。
次にマスカラ系は、

3

この部分や蓋の部分にマスカラのインクが溜まっていないかチェックしてください。
インクが硬くなって溜まっていると、蓋が完全に閉まらない状態になるので、インクが揮発してしまい中身が早く固まってしまう場合があります。
毎回でなくて良いので、この部分が汚れてきたらティッシュなどで固まりを取り去ってください。

 

4

そしてマスカラ系でよく見かける光景、
マスカラをカシャカシャしている人いませんか!
マスカラを容器から上下してマスカラブラシに適量つけようとしたいのだと思いますが、
あれ絶対しちゃダメです!
容器にたくさん空気を送り込んでいるので、商品寿命が著しく悪くなります。
メイクアイテムだけではないと思いますが、少しだけ丁寧に使ってあげることで、商品寿命も延びて、最後までキチンと使えたりするもんです。
思い当たる方はぜひチェックしてみてください!
関連記事。よろしかったらこちらもお読みください。
よかったら友達にシェアしてみて。Share on FacebookTweet about this on TwitterShare on Google+Pin on PinterestShare on LinkedIn
The following two tabs change content below.

西広 則和

メイクアップアーティスト・ビューティアナリストcosme salon 新場+ミニヨン
コスメセレクトショップを経営する傍ら、メイクアップサービスやアドバイスなどを、一般女性はもちろん美容師や化粧品関係のプロに向けてのセミナーなども行う。一般女性のナチュラルメイクから、アイドルや舞台メイクまでプロフェッショナルなメイクまで幅広く活動。JMAN(ジャパン メイクアップアーティスト ネットワーク)理事、cosme salon 新場+ミニヨン 店長
最新投稿をぜひチェックしてみて。
最近の投稿
人気の記事もぜひチェックしてみて。
最後までお読み頂き有難うございました

最新記事随時アップ中!

ソーシャルメディアで更新記事を配信中。いいね!フォローよろしくお願いいたします。
※エイジングケアとは、年齢に応じたお手入れのこと。
※美白とは メラニンの生成を抑え、シミ・ソバカスを防ぐこと。
※記載された社名、各製品名は各社及び商標権者の登録商標または商標です。