え?化粧品会社がお米作り!?!アルビオンらしい素材探しの中で出会ったお米とは?

kome-title

産学官の研究モデル・ビジネスモデルとして、生まれた「おいしいお米プロジェクト」

産学官とは、産=アルビオン、学=東京農業大学、官=茨城県稲敷郡阿見町の提携。

化粧品会社は日夜、外部の研究機関や大学、企業、自治体との共同研究を模索しています。特にアルビオンは高級化粧品会社として最新かつユニーク、アルビオンらしい素材探しをしているそうです。

そんな、女性の夢を叶える美肌素材探しの中で、2014年5月、アルビオンさんは東京農業大学より、大学の提携先である自治体『茨城県稲敷郡阿見町』のご紹介を受けて、今回の産(アルビオン)学(東京農業大学)官(阿見町)の研究モデルは始まったんだそうです。

3ba321a73a75f6bde25e96df2bd6bd48_m

日本古来のコメ【阿見産コシヒカリ】

阿見町のもっとも特徴的な農産物が、肥沃な関東平野の大地の恩恵をたっぷり受けたお米【コシヒカリ】。アルビオンの研究部のみなさんは、この日本古来のコメ【阿見産コシヒカリ】に注目。第一歩としてこだわりにこだわった「アルビオン」ならではの視点でのコメ作りをはじめたんだとか。

減農薬、有機栽培、天日干しと三拍子揃ったこだわり。

せっかく「アルビオン」が、取り組むからには【他では真似できないおコメ】をつくりたい! という願いを伝え、手のかかる農法にも、ともに取り組んでいただけるパートナーとして浅野農場の浅野さんと出会ったんだそうです。浅野さんとアルビオンで取り組んだコメが 減農薬・有機栽培・天日干し(自然乾燥)の三拍子そろった絶品のコシヒカリです。
c98988be9d8babd53fe310f109547d11_m

常識にこだわらず、実現にこだわる。

天日干し米は稲刈りした穂を、田んぼに組んだ竹のハンガーに吊るし、2~3週間かけてじっくりと自然乾燥させていく工程をとります。天日干し米は、ひと手間もふた手間もかかる工程をとるため店頭に並ぶことはほとんどありません。

じっくりと乾燥させることで、稲穂の油分や栄養分、甘みが最下部の米粒へ降りていき、丸みを帯びた甘みのあるおいしいお米が出来上がるのだとか。このように太陽と風の力で自然乾燥させ、手間暇かけたお米は、お米本来の粘りとコシを生み出し、独特の甘さや旨み、香りを醸し出します。

安心・安全にこだわったモノづくり。

アルビオンはこう言います。

アルビオンでは今後も、常識にとらわれない独創的なアイデアと、それをカタチにする最先端の科学技術、そして何よりも、安心・安全にこだわったモノづくりへと尽力してまいります。

女子の夢を叶えるコスメ、それを作る化粧品会社が何よりも、安心・安全にこだわってモノづくりをしてくれるのはとてもありがたいことですね。

kome
今年の冬には一部のアルビオン関係者、販売店にお米が届けられました。
安心・安全のお米から、未知の美肌素材への発見が生まれることを期待してお米を頂きます。

夢のあるアルビオン製品のお求めはお近くのアルビオン扱いの化粧品店まで。

よかったら友達にシェアしてみて。Share on Facebook
Facebook
Tweet about this on Twitter
Twitter
Pin on Pinterest
Pinterest
Share on LinkedIn
Linkedin
The following two tabs change content below.

コスメジャパン

コスメジャパンは「美容情報」と「化粧品情報」、相互に関係する様々な情報を取りまとめて一覧するサイトです。コスメに関する役立つ情報によって、 皆さんの「?」(疑問や不安)を「!」(理解と安心)に変えていくお手伝いをする、そんな存在になりたいと考えています。